ミノキシジル

ミノキシジルで頭皮の血行促進

ミノキシジルとは何なのか?

髪の悩みというのは、若い人でも悩んでいる人が多く、今では年齢などは問題なく、薄毛が進行してしまっているということが言われています。
そんな中、ミノキシジルという成分が発毛を促進するということで人気を集めているのはご存知でしょうか?
このミノキシジルが入っていることを前面に打ち出している育毛剤も多く、名前くらいは目に触れることが多いものです。

 

ミノキシジルは「頭皮の血行を促進するもの」です。
頭皮の血行が促進されることで、毛根が活性化し、発毛が促進されるということなのです。
ミノキシジルは元々、高血圧症の空理として使われており、その副作用から多毛症になってしまうということがあり、薄毛の対策として研究されたという経緯がありますので、発毛するという力は大きいのかもしれません。

 

ミノキシジルの副作用

上記のことを考えると、ミノキシジルによって発毛するということ自体が副作用のようにも思えるのですが、高血圧症の薬として使われているときは飲み薬として使われています。
しかし、発毛促進剤として使われる場合は、「塗り薬」として使われていますので、副作用の症状は全く違うものになります。
よく言われているのは、頭皮のかゆみです。
この症状が最も多い副作用として言われています。
身体に現れるものとして、倦怠感やむくみなどの症状が出てくるそうです。

 

最も注意!高血圧症の薬との併用

薄毛に悩んでいる人で、高血圧症の薬を飲んでいるという人はいるのではないでしょうか?
このような人は使わないほうが無難です。
ミノキシジルと高血圧症の薬を併用してしまうと、血圧が下がりすぎてしまうということがあり、非常に危険です。
ミノキシジルを使ったときの副作用というものも気になるかもしれませんが、このようなことにもしっかりと目を向けておく必要があります。